褐Q馬県食肉卸売市場は、安心・安全な国産食肉を、ご提供することで社会貢献しています。

企 業 案 内:衛生管理 -HYGIENE MANAGEMENT-

HOME >> 会社案内 >> 衛生管理の取組みについて

衛生管理への
 取組みについて

HACCPによる衛生管理システムを導入、より安心な製品を目指しています。

衛生検査
 各処理工程での衛生検査を実施し、高水準の製品を製造しています
入室対策
▲エアシャワー室  ▲足洗い槽、ジェットクリナーとアルコール消毒機
 場内の入室に際しては、指定された服装に着替えたのち、「エアシャワー」→「足洗い槽」→「手洗い」→「アルコール消毒」をへて入室します。

豚枝肉冷蔵庫・牛枝肉冷蔵庫
枝肉冷蔵庫・豚 枝肉冷蔵庫・牛
▲収容能力 豚: 4,000頭  ▲収容能力 牛: 600頭 
 出庫について365日 24時間 可能です。
プラットホーム(枝肉出庫口)
 出庫される枝肉が、雨やほこり等の外気に触れないよう、ドッグシェルター式を設置しています

内臓処理室
内臓処理室
 近代的な内臓処理室で加工された製品は外気にふれることなく運搬車に乗ります。
部分肉処理室
部分肉処理室・豚 部分肉処理室・牛
▲肉豚  ▲肉牛 
 枝肉から除骨整形し、規格部分肉(ヒレ、ロース等)の処理作業を行います。
また、金属探知機の導入により食肉の安全管理に努めています。

環境対策(浄化槽)
浄化槽
施設は、二段活性汚泥法(1,000m3/D 2系列)と活性汚泥法(1,000m3/D)による処理装置を設置、汚水を日量4,000m3処理可能な施設となっています。 
 前処理設備として、血液を除去するため血液蒸煮装置及び汚水中の汚物を除去するため数段のスクリーニング装置を設け、汚水処理施設の軽減をはかっています。
 なお、余剰汚泥は、脱水後真空乾燥機にて乾燥し、肥料登録し農地還元しています。
又、牛・豚の汚水を完全分離し処理を行っています。