褐Q馬県食肉卸売市場は、安心・安全な国産食肉を、ご提供することで社会貢献しています。

企 業 案 内:安全管理 -SAFE MANAGEMENT-

HOME >> 会社案内 >> 安全管理の取組みについて

安全管理への
 取組みについて

人間の生命の源『食』の一翼を担い、より良い品質を実現しています。

受付
受付
 出荷予約されたデータによりすばやく受付処理が行われます。また、肉牛は牛トレサ法に基づく確認処理が実施されます。
けい留所
けい留所・豚 けい留所・牛
▲収容能力 豚: 2,240頭  ▲収容能力 牛: 150頭 
  搬入される肉畜は、群馬県食肉衛生検査所職員による生体検査を受けます。

解体(豚)

2009年1月より稼働を開始した、新「と畜・解体施設」
最新の設備を用いて衛生・安心・安全な食肉づくりを実施しています。
解体(牛)
●対米輸出認定
 この施設は、日本の衛生基準のみならず、アメリカの衛生基準を満たしたもので、作業従事者に対しては衛生管理のマニュアル等で安全かつ衛生的な枝肉が生産される。(HACCPiによる衛生管理システムの導入)
●ピッシング処理による作業はしておりません。
 より安全な食肉製造を行うため、ピッシング処理はしておりません。
●脊髄除去装置の導入
 背割り前の牛枝肉の脊髄を、短時間で完全に除去する。(装置を自社開発し特許を取得済み)
 

セリ取引
▲肉豚:
午後2時よりセリ開始 
▲肉牛:
午後12時30分セリ開始。
 
食肉市場発の大型プラズマディスプレイを採用したシステムの開発と導入により、セリ対象となる枝肉の個別情報を掲載し買受人のニーズに対応。
部分肉製造
●枝肉カット
 良質な牛豚枝肉を対米輸出認定工場で処理しています。
●スライスパック
 新鮮な牛豚部分肉を、衛生的な機械設備を利用してスライスパックにしています。(金属探知を利用し異物混入検査を実施)